読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるまじろの読書日記

「なぜ、本を読むんだい?」「そこに本があるからさ!」興味のあるテーマは歴史とサイエンス。アラサー。関東在住。文章力が低く時折エラそうな書き方になりますが、どうかご容赦ください。( ̄ー ̄;

自己紹介(読書歴)

どうも、あるまじろです。

つたない文章を読んでくださっている皆さんどうもありがとうございます。( ̄ー ̄;

まだ自己紹介をしていなかったことに気づきましたので、需要があるか分かりませんがとりあえずここに残しておきます。

自己紹介

名前 あるまじろ

性別 男

住所 埼玉県(東京寄り)

年齢 30

趣味 旅行 散歩 読書 flash制作 運動は苦手です( ・ω・)

部活 中学→バスケットボール部(ベンチ) 高校→将棋部(部長なのに弱かった)

好きな言葉 

「生きるうえで最も偉大な栄光は、決して転ばないことにあるのではない。転ぶたびに起き上がり続けることにある」

尊敬する人

ネルソン・マンデラ 

好きなゲーム

ファイナルファンタジータクティクス 

伝説のオウガバトル 

ファイアーエムブレムシリーズ

大航海時代シリーズ

好きな映画

ショーシャンクの空に

モーターサイクルダイアリーズ

遠い空の向こうに

好きな漫画

三国志横山光輝

項羽と劉邦横山光輝

ちはやふる

キングダム

宇宙兄弟

好きなアニメ

ARIA

Last Exile

読書歴

小学生時代

小学2、3年生の頃に横山光輝の漫画『三国志項羽と劉邦を読んで夢中になりました。何故夢中になれたのかは分かりませんが、とにかく気付いたらはまっていました。横山先生の書く歴史漫画は子供にも大変分かりやすくて、しかも飽きのこない名作だと思います。歴史好きはここから始まりました。その影響もあって日本の歴史にも興味がわき、当時は大河ドラマも欠かさず見ていました。特に記憶に残っている大河ドラマは『秀吉』と『毛利元就』です。

        

中高生時代

中高生の頃にはゲームにも夢中になっていました。ポケモンのようなメジャータイトルにもはまったのですが、頭を使って自分であれこれ戦略を考えていくゲームが好きでした。また、ゲームをやっていると「オーディン」や「ゼウス」「フェンリル」のような神話由来のネーミングが出てくることがありますが、そこからギリシャ神話北欧神話に興味を持ったりしました。と言っても読んでいたのは主に漫画ですが。神話の世界も知れば知るほど面白いです。

ゲームの影響もあって大航海時代にも興味を持ちました。ヨーロッパから小さな船で日本や東南アジアまで来た船乗り達ってすごいなあ・・・なんてことを考えていました。先駆者とか冒険者に憧れるようになったのはこの頃からかもしれません。

高校生の頃は受験勉強や部活(将棋部)が忙しくてあまり読書はしませんでしたが、沢木耕太郎の『深夜特急』などに夢中になって海外や旅行に興味を持ちました。今でも旅行は趣味ですが、この本の影響を受けています。

       

また、世界史の先生が物知りな先生だったので、世界史の授業はいつもワクワクしながら聞いていました。勉強において、好奇心とか興味はとても大切だなあと今も思っています。(大して興味の無かった国語の成績は散々でした( ̄ー ̄;)

大学時代

大学受験で興味があった歴史系の学部に落ちてしまい、経済学部になりました。サークル活動とかにはあまり興味が持てずに空いた時間は主に図書館で読書をしていました(いわゆるぼっちです笑)。当時夢中になったのは伝記です。「大学生にもなって伝記かよ」と今なら思うのですが、当時は将来に向けて漠然とした不安を持っていたので、そういう影響もあったのかもしれません。この頃に好きになったのがライト兄弟です

同様の理由で哲学書や啓発書も読みました。印象に残っているのはデール・カーネギーの『道は開ける』とマルクス・アウレリウスの『自省録』で、今でもたまに読んでいます。人生の教訓はほとんどこの2冊に詰まってるのではないかと思っています。他にも成功者や起業家が書いた自己啓発書も読みましたが、あまり記憶に残っていません。

大学の経済学はあまり好きになれなかったのですが、経済学史の授業だけは唯一好きでした。特に経済学の祖と言われるアダム・スミス国富論道徳感情論』には夢中になりました。スミスは社会と人間の関係を見事に洞察した素晴らしい人物だと思っています。 彼の思想は現代社会にも完全に通用します。

       

本当はカール・マルクスの『資本論も読んでみたかったのですが、当時の自分には難しすぎてとても無理でした^^; 今は結構詳しい解説書も出ているので、また機会があれば読んでみたいです。

社会人時代

社会人になって3年目くらいまでは仕事が忙しくてほとんど読書ができませんでした。落ち着いてからは少しずつサイエンス系の本を読むようになりました。それまでの自分はガチガチの文系人間で、理系の本を避けていました。ただ、ライト兄弟から飛行機や宇宙開発に興味を持つようになっていました。サイモン・シンの『フェルマーの最終定理』や『ビッグバン宇宙論』は特に面白かったです。食わず嫌いで避けていましたが、触れてみると理系や科学の世界も面白いことが分かりました。でも、数式が出てくるとちんぷんかんぷんで、数学や物理化学をちゃんと勉強しておけば良かったと後悔しました^^;

       

それからしばらくサイエンスの世界に夢中になりすぎてしまい、一時期は働きながら理系の大学院で勉強したりしていました。(仕事が予想外に忙しくなって、続けられませんでしたが)

今興味のあること

歴史やサイエンス、伝記は変わらずですが、今の仕事が教育なので教育分野にも興味を持っています。あとは新しいライフスタイルに関する本なども興味ありです。せっかくたくさん読書をしても内容を忘れてしまうことがほとんどなので、アウトプットも兼ねてブログを始めることにしました。これからもマイペースでちょいちょい続けていきたいと思っています。どうぞよろしくお願いします。