読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あるまじろの読書日記

「なぜ、本を読むんだい?」「そこに本があるからさ!」興味のあるテーマは歴史とサイエンス。アラサー。関東在住。文章力が低く時折エラそうな書き方になりますが、どうかご容赦ください。( ̄ー ̄;

枯れた技術の水平思考

読書

              

 

ポケモンGOブームが日本中に広がっている。

アメリカでも既に何千万という人がプレイしているそうだ。

ポケモンGOの面白い所は、家の中から出て実際に外を歩く必要があることだ。これまでの据え置きゲームや携帯ゲームと決定的に違うのはそこだろう。

技術的にも時代の最先端を行くゲームというわけだ。

僕も実際にやってみて、その面白さを感じている。日曜日などポケモンを集めに東京を丸一日歩き回ったくらいだ。

しかし散々やってみて感じたこともある。

実は飽きるのも早いのではないかということだ。

新しい技術による「目新しさ」はあっても「遊び心」があまり感じられない。説明が難しいのだが、遊び方に乏しいという気がしている。

ポケモンを集める

②ジムで戦わせる

大きく分けると、ゲームの中での遊び方はこれだ。

だが、恐らく①も②も今の時代ではすぐに飽きられるような気がする。リリース初日からポケモンの効率的な集め方や裏技が山のようにネット上に出回っていたし、強いポケモン一覧なんてのも出ていた。これらの情報を参考にしていけば、ポケモン集めも、ジムで勝つのも楽になるだろう。

もちろん、次は強い人同士でどうやって勝つかみたいな話になっていくだろうが、これはやり込みの領域であって、マイペースで遊んでいる人はどんどん消えていくだろう。

ポケモン集めにしても、恐らくあと1週間もすれば最速で「全部集めた」という人が出てくるだろう。こうなると一気にポケモン熱が冷めていくと予想する。

初代ポケモンのブームが長かったのは、通信対戦交換などの要素に加えて「情報が乏しかったこと」にあると思っている。当時から攻略本はあったが、それでも曖昧な部分はかなり残されていた。それを解明していくのが楽しかったのである。

昔はクラスに一人は「俺が最強」がいたはずだ。仲間内で一番強いことが最強の証明で、その最強の座を奪おうとあれこれ試行錯誤するのが楽しみだったのだ。今はネットを通じて強いプレーヤーの情報はすぐ出てくる。クラスの最強が実際に最強でないことはすぐに分ってしまう。

加えて課金という要素もある。仲間内で最強になったとしても「課金したなら強くて当たり前」みたいな話になったらそれこそ興ざめだ。地方より都会の方が明らかに強くなりやすいゲーム設計にも少し首をかしげてしまう。

なんだかまとまりがない文章になってしまったが、結論としては「ポケモンGO、面白いけどすぐ飽きられそう」ということだ。

これはメーカーの問題だけではない気もする。インターネットの普及以降、あらゆるものの賞味期限が短くなってきているからだ。(拡散は早いが飽きられるのも早い)メーカーもこうしたことは想定内で、二の矢があると予想するが・・・。

 

・・・書籍の紹介を忘れていた笑

黎明期の任天堂のクリエーター、横井軍平さんの考え方が詰まった一冊である。

横井さんは最新技術を使わずにアイデアでヒットを生み出す天才だったのだ。横井さんが生きていたら、きっとポケモンGOの大ヒットを横目に、全く違うコンセプトの商品を作っていたに違いない。