あるまじろの読書日記

「なぜ、本を読むんだい?」「そこに本があるからさ!」興味のあるテーマは歴史とサイエンス。アラサー。関東在住。文章力が低く時折エラそうな書き方になりますが、どうかご容赦ください。( ̄ー ̄;

私のウォルマート商法~すべて小さく考えよ~

             

ウォルマートの名前くらいは誰でも耳にしたことはあるだろう。

ウォルマートはアメリカ最大にして、世界最大のディスカウントストアであり、同時に世界一の売上額を誇る企業だ。トヨタの倍の売上額と言えば凄さが分かるだろうか。

加えて、ウォルマートは創業してから50年ほどしか経っていない。トヨタ自動車創業80年、ソニー創業70年と比べると、ずっと若い会社なのである。

ウォルマート1号店開店からわずか28年で全米最大の小売店となり、35年後には全米最大の従業員数を誇る会社になっている。驚異的な成長スピードと言って良いだろう。

ウォルマートは知っていても、創業者のサム・ウォルトンを知っている人は少ないのではないだろうか。世界長者番付で一位を取ったこともあるらしいが、私は本書を読むまでは知らなかった。

世界最大の企業を一代で築き上げた男、サム・ウォルトンは決してビル・ゲイツスティーブ・ジョブズイーロン・マスクのような天才ではなかった。斬新な商品を発明したわけでもなければ、画期的ビジネスモデルを作り上げたわけでもない。

カリスマという感じもしない。人当たりが良くて、仕事好きな普通のおじいちゃんである。ただ仕事好きのレベルは普通ではなく、執念と言えるほどだったが。

ウォルトンは全米一の金持ちになったこともあるが、節約主義で暮らしぶりは極めて質素だったようである。どうも彼は心の底から仕事人間で、競争を楽しんでいたようだ。あとがきでこれまでの人生を反省しつつ、生まれ変わってもまた同じ仕事をしたいと回顧している。

サム・ウォルトンは商売の基本にとことん忠実だった。彼はライバル会社より経費を抑えてムダのない経営をすること、現場主義を貫き一店舗ごとに改善の方法を検討する(小さく考える)ことの大切さを説いている。

これは考えてみれば商売の基本だ。しかし、多くの企業がその基本から逸脱していく。ムダな広告にカネを使うようになったり、現場に顔も出さない幹部達の会議で方針が決まるようになったり、社長が豪遊し始めたり。ウォルトンのように、富豪になっても日々現場に顔を出し続ける人は少ないのではないだろうか。

ウォルマートにも問題はあるが、それでも多くのアメリカ国民の生活向上に貢献したことは間違いない。そしてそれを一代で築いたウォルトンの功績は大きい。

ウォルトンはそれを商売の基本を守ることと、仕事に対する情熱と執念によって成し遂げたのだ。